他がまねの出来ない商品で

円高なら海外の製品を輸入することで価格面で有利になります。それにプラスして工事も一緒にすることで他がマネできにくい独自の商品になります。
【検索する人のターゲットを絞って】

個人の家にプールを作りたいという要望は以前からありました。海外では自宅にプールがあることが一般的な国もあります。これを日本で考えたときに一番は価格の面で高くなってしまうことです。

円高ならば輸入コストは安く上がります。海外で製品化したものを、日本で組み立てるのがこの家庭用プール工事です。

全てをコンクリートで固めずに、一部にすることで施工のコストも安くなります。輸入製品と施工コストを安くすることで、プールが自宅に欲しい層にアピールしています。

お客様との価格面も折り合いがつけやすく、夏に向けての受注は多くなっています。

冬場は、屋根で覆うタイプのものが、問い合わせが増えています。

個人のお宅に直接という販売方法をとっていたのですが、建設業者からの依頼も増えてきています。他の建設業者との差別化やデザイン面での需要があるものと予想しています。

輸入したものに工事も込みという、プラスしたもので独自路線をとることで、日本での受注に結び付けています。

(Visited 19 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする